JR立川駅北口から徒歩4分!土日も診療しています!★TEL予約はこちらをクリック★

インプラント

インプラント
こんなお悩みありませんか?

歯周病で歯が
グラグラ
している

費用がどれぐらいかかるか知りたい

インプラントの
メリット・デメリットを知りたい

ブリッジ入れ歯・インプラントにするか悩んでいる

本当にインプラントをすべきなのか知りたい

インプラント
治療の流れを知りたい

インプラントを入れた後の注意点を知りたい

安心してインプラント治療に臨みたい

あなたがインプラントをご検討されているのであれば、
ぜひこちらのページを最後までご覧ください。

インプラントとは?
What is Implant?

インプラントのイメージ

インプラント治療とは、虫歯や歯周病、また外傷などが原因で天然の歯(歯の根っこごと)を失ってしまった部分に、人工の歯の根っこを埋め込みその上に歯と同じように機能するかぶせものをする治療方法です。

そのほかに失ってしまった歯の治療にはブリッジや入れ歯などがあります。

こんな方にインプラント治療は選ばれています!

  • 虫歯歯周病などで歯を失ってしまった方
  • 外傷で歯を失ってしまった方
  • 入れ歯やブリッジよりも自然な見た目を求める方
  • 周りの歯に負担をかけずにしっかりと噛みたい方
  • 入れ歯で装着・脱着の手間が面倒だと感じる方

当院インプラント治療 3つの特徴

立川さくら歯科クリニックで行うインプラント治療の3つの特徴をまとめました。


特徴1 
長くしっかり噛める
インプラント。

女性の笑顔

わたしたちはインプラント治療時だけではなく、インプラントを入れた後のメンテナンス、そして長くお口の中で機能をすることを大事に考えています。

その為にもお口と歯、そして顎の骨の状況はもちろんですが、日々の生活スタイル、嗜好などをお聞きした上で、果たしてインプラント治療があなたにとって本当にベストな選択肢なのかどうかを考えます。

検査の結果、長く機能できる状況であれば、インプラント手術経験豊富な歯科医師があなたの手術を担当しますのでご安心ください。

手術中はもちろん、手術後・インプラント治療完了後のメンテナンスもお任せください。

特徴2 
高品質で臨床実績豊富な
インプラントを採用。

あごの骨の中に埋め込むインプラントは国内外に様々な形状や構造をしたものがあります。

それぞれに特徴がありますが、わたしたちが採用しているのはノーベルバイオケア社のインプラントです。

ノーベルバイオケア社は約60年にわたりインプラントの改良を続けているだけでなく、世界中でのインプラント臨床実績がある会社です。

患者さんにとってより安心できる、また信頼できるインプラント治療のために高品質なインプラントを採用しています。

インプラント検査

特徴3 
明瞭な価格設定で安心です。

インプラントの構造

インプラントに限らず保険適用外の歯科治療の費用は患者さんにとってとてもわかりづらいもの。

「一体いくらかかるのか?追加費用はかかるのか?」そのようなご心配をおかけしないためにも、カウンセリングや検査段階でわかりやすくご提示しています。

わたしたちはインプラント手術に対するご不安、そして治療費用に関してのご不安を出来るだけ少なくしていただけるようインプラント治療をご提供しています。


インプラント治療の費用

立川さくら歯科クリニックのインプラント治療の価格は以下の通りです。

内容
合計465,000円(税別)
内容1歯
(インプラント+白いかぶせもの)
※オペ代含む
備考顎の骨の状態によって骨移植などが必要なケースは別途費用がかかる場合がございます。
その際は事前にお伝えします。

インプラントの費用は、1歯ごとの費用となります。1歯とは手術費用+顎の骨に埋め込む人工歯根+その上に歯として機能するかぶせものまで含んだ費用です。

診査・診断結果から、骨移植などその他必要な手術に関しては、必ず事前にお伝えしておりますのでご安心ください。

CTスキャン撮影費用

内容
合計21,600円(税別)

当院ではデジタルレントゲンによる診査・診断だけではなく、顎の骨の状態を把握しより精度の高い治療のためにCTスキャン撮影をいたします。CTスキャン撮影は、「メディカルスキャニング立川」にて患者様ご自身でご予約いただく形をお願いしております。

詳細は以下メディカルスキャニング立川の公式ホームページをご覧ください。

インプラント治療費用のお支払い方法

  • 現金
  • クレジットカード
  • デンタルローン

お支払いには現金、クレジットカードのご利用が可能です。※クレジットカードは保険診療以外の10,000円(税抜)以上の治療にご利用頂けます。

また分割払いが可能なデンタルローンにも対応しています。デンタルローンの詳細は以下の公式HPをご覧ください。

インプラントは医療費控除対象です。

医療費控除とは、1年間に支払った医療費の総額に応じて、医療費控除の申告を行うことで所得税が還付される制度です。歯並びの悪い状態をよくするための矯正治療は医療費控除の対象となります。

詳しくは以下のページもご覧ください。

インプラント治療の
施術の流れ

立川さくら歯科クリニックで行うインプラント治療の流れです。

STEP
カウンセリング

インプラントに関するお悩みやご相談に丁寧にお答えします。
まずはお気軽にご相談ください。

STEP
診査・診断
  • レントゲン撮影
  • CTスキャン
  • 口腔内模型による検査

インプラント治療前に、必ず十分な診査診断を行います。またその診査・診断結果に基づき、治療計画をたててご理解・ご納得いただけるよう丁寧にご説明いたします。

STEP
インプラント治療開始

お口の中の汚れを綺麗にクリーニングした上で、インプラント手術を開始いたします。お痛みを少なくするために麻酔をしっかりと行った上で、顎の骨にインプラント埋め込みます。

STEP
顎の骨が治癒する期間

インプラントが顎の骨にしっかりと固定されるのを待ちます。おおよそ2ヶ月~6ヶ月程度が目安です。

実際には、様々な条件によって期間が前後します。

STEP
インプラントの上に人工の歯をセットする

インプラントがしっかりと顎の骨に固定されたあとは、その上に実際にお口の中で歯として機能するための人工歯をセットします。

STEP
メンテナンス

インプラントを装着した歯のメンテナンスに定期的に通院頂きます。

インプラントがあなたのお口の中でただしく機能しているかどうか?異変はないか?はもちろんのこと、

生活する上でのインプラントに関するお悩みや疑問点なども伺い、解消します。永く安心してインプラントでのお食事を楽しんでもらうため、治療後のアフターフォローにより配慮しています。

無料カウンセリングを行なっています

当院ではインプラントに関するカウンセリングを無料で行なっています。

インプラントに興味があるけれどやるかどうかはまだわからない・・一度どんなものなのか話を聞いてから考えたい・・そのような方もお気軽にご相談ください。

インプラントについてのご理解を深めて頂き、十分ご納得いただいた上でインプラントの実施をご検討ください。

インプラント治療をより正しく知っていただくために

立川さくら歯科クリニックでは、全ての治療において誠実で丁寧なご説明を心がけています。インプラント治療に限らず、すべての治療にメリット・デメリットがあります。ぜひ一度ご覧ください。

インプラント治療のメリットとデメリット

インプラント治療全般のメリットをまとめています。

メリット

天然の歯のように自然な見た目

インプラントは人工歯根とその上のかぶせ物から構成されます。かぶせ物はセラミックなどの白くてより天然の歯に近い美しい素材で作りますので自然な見た目です。

他の歯にかかる負荷が少ない

インプラントはブリッジや入れ歯のように隣の歯に力の維持を求める治療ではありません。そのため、隣の健康な歯に負担をかけないメリットがあります。

入れ歯と違い装着の手間がない

入れ歯のようにお手入れの際に着脱をする必要がありません。普段の生活の中で着脱のストレスがないのもメリットの一つです。

デメリット

全ての方が受けられる治療ではありません

  • 重度の歯周病の方
  • ビスフォスホネート系薬剤(骨粗しょう症のお薬)を服用している方
  • 顎の骨が極めて少ない方
  • 歯軋りが強い方
  • 心臓病や重度の糖尿病の方 など

上記のような方はインプラント治療の適用が難しいため、他の治療法をご提案する場合がございます。

治療期間が比較的長い

インプラントは顎の骨と人工歯根がくっつく期間を含めておおよそ3ヶ月~6ヶ月、状況によってはそれ以上かかるケースもございます。

保険適用外のため治療費が高額

インプラント治療は保険適用対象外のため自費診療となります。

インプラント・ブリッジ・入れ歯との比較

インプラントのメリット・デメリットは上記の通りですが、失ってしまった歯を元のように復元する治療方法はインプラントだけではありません。ここではブリッジや入れ歯のメリット・デメリットも併せてご紹介しています。

入れ歯のメリット・デメリット

総入れ歯と部分入れ歯

入れ歯には部分入れ歯と総入れ歯があります。

部分入れ歯とは、失われた歯の隣の歯にバネをひっかけて力の維持・固定をする治療です。

総入れ歯とは、歯が1本も残っていない場合の治療法です。

それぞれ保険適用と保険適用外の治療がございます。

メリット

保険適用で治療費を安く抑えられる

入れ歯は保険適用と保険適用外の治療がありますが、保険適用の場合、治療費の負担を抑えることができます。

適用できる症例が多い

入れ歯はインプラントなどと違い適用できる方、適用できる症例が幅広いことがメリットの一つです。多くの方が入れ歯での治療を選ぶことができます。

デメリット

固定するためのバネの見た目が気になる

入れ歯は隣の歯にバネをかけて、機能させるためバネの見た目がどうしても気になります。保険適用外であれば見た目の気にならないバネもあります。

装着の違和感と脱着の手間がある

ブリッジやインプラントと比べると装着の違和感を感じる方もいらっしゃいます。また、入れ歯のお手入れの際にはご自身で脱着する必要があるので生活の中での手間がデメリットと言えます。

ブリッジのメリット・デメリット

ブリッジ

ブリッジとは、失われた歯の両隣の歯を削って、橋を渡すように人工の歯をかぶせる治療法です。

保険適用と保険適用外の治療からお選びいただけます。

メリット

保険適用のため治療費を抑えられる

ブリッジには保険適用と保険適用外の治療がありますが、保険適用であれば費用負担が少なく済みます。

天然の歯に近い使用感で、違和感が少ない

金属のバネを隣の歯にかけて維持する入れ歯と違い、金属のバネなどを使わないため見た目が自然です。

固定式のため脱着の手間がない

ブリッジはセメントで固定をするため、入れ歯のように脱着の手間がありません。

デメリット

健康な隣の歯を削る必要がある

ブリッジはその名の通り、橋のように隣の歯にかけて力を維持する治療法です。橋をかけるために隣の健康な歯を削って形を整える必要があります。

隣の歯に負担がかかる

噛む力を隣の2本の歯が支えるため、力による負担が大きくなります。虫歯や歯周病になるリスクも高いのがデメリットです。

インプラント治療後の
メンテナンスについて

インプラント治療後はより永く快適に噛むことができるよう定期的にメンテナンスにお越しください。

インプラント治療のよくあるご質問

ここでは実際に患者さまからよくあるご質問をまとめました。インプラント治療をご検討されている方はぜひ参考にしてください。

インプラントはどれぐらいの期間もちますか?

インプラントの耐久性は個人差があります。インプラントを長持ちさせるための正しいホームケアと、定期的な歯科医院でのメンテナンスによってより長期にお口の中で機能させることが可能です。

インプラントに使われる素材は何ですか?

身体にやさしい金属のチタン素材です。チタンは歯科用インプラント以外にも、整形外科などで骨の固定に使われています。身体に埋め込んでも拒絶反応を起こさない金属です。

インプラント治療に年齢制限はありますか?

インプラント治療は全身の健康状態、精神状態、その他様々な条件によって適用可否が決まります。一般的には顎の骨の成長が終わった20歳〜と高齢者までケースに応じて適用となります。

その他ご不明点はお気軽にご相談ください!

はじめてインプラント治療をお受けいただく方も、以前にインプラントを行なったことのある方もご不明な点、ご不安な点などあれば当院のスタッフまでお気軽にご相談ください。

患者様のご希望やそれぞれのお口の状況に合わせて親身にご提案させていただきます。